SNSビジネスについて

SNSを使ったビジネスについて見ていきましょう。

SNSの媒体

まずは、SNSには主に、Facebook、インスタグラム、Twitterとあります。

それぞれの媒体ごとに対象となる層や特徴が異なってきます。Facebookは、30代以上の男女が対象で文章の量は多めになってきます。

そして、インスタグラムは20代~40代の女性がターゲットとなり、おしゃれな写真が必要になってきます。

Twitterは、20代の男女が対象の媒体になってきます。

これらの媒体は、どれを使うというように選ぶのではなく、どの媒体も使っていくというのがおすすめです。

利用目的

SNSを利用する際には、どのような目的で利用するのかをしっかりと定める必要があります。

ユーザーとコミュニケーションを取りたいのか、ユーザーに親近感を持ってもらいたいのか、ユーザーに商品を知って欲しいのかということになります。

それらの目的をしっかりと明確化して、利用することで利用の仕方が変わってきます。

SNSの開設

利用目的が定まったら、早速SNSを開設していきます。SNSを開設するには、名前、メールアドレス、パスワードを設定する必要があります。

名前はSNSで表示されるものなので、会社名やブランド名などを載せるといいでしょう。公式〇〇というように公式を付けるとユーザーの信頼度が増していきます。

メールアドレスは、設定の変更などを通知してくるので、SNS担当のメールアドレスを登録するようにしましょう。

パスワードは、容易に想像できるようなパスワードにしないようにしましょう。

SNSマーケティングとSEOの違い

検索エンジンの上位に来るようにするSEOとSNSマーケティングはどのように違うのでしょうか。

まず対象とするコンテンツが異なってきます。検索エンジンによるSEOを目的としたコンテンツは、まとめサイトなどの情報を蓄積するコンテンツになります。

長期間で閲覧されるもので、ユーザーが何度も閲覧するという特徴があります。

一方でSNSマーケティングは、フロー型といって情報を流していくというものになります。SNSマーケティングの方が、一度注目されると爆発的に閲覧されるという特徴がありますが、SEO型は長期間で少しずつアクセスが増えていくというものになります。

SNSビジネスで大事なこと

SNSビジネスで大事なことは、ユーザー第一に考えるということです。SNSはユーザーの共感を得なければアクセスは伸びません。

企業のCMのようなものを流すだけでは、共感を得ることはできないのです。ですから、一人ずつのユーザーを対象に共感の得られるものを発信していく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です