リスクを下げる!低リスクで投資する3つの方法

投資に興味を持ったとしても、 「損失が出たらどうしよう」と怖くて手を出さない、という方は大勢います。確かに投資には元本割れのリスクがありますが、おびえすきて投資を始めることすらできないのは、とてももったいないです。 この記事では、低リスクに運用するためにできることを3つ解説していきます。どれも簡単にできることなので、投資に恐怖を感じる方は、ぜひ実践して克服していただければと思います。 低リスクな投資方法①銘柄を分散させる 1つめの方法は分散投資です。たくさんの銘柄に少しずつ投資をすることで、大きな損失を出すリスクを下げることができます。 もし1つの株式に全財産を投資していたら、その企業が倒産したとき、お金は1円も返って来ないかもしれません。集中投資をすると1つの銘柄のリスクを大きく背負うので、非常にリスクが高いです。 一方、10個の株式に分散投資していたらどうでしょう。1つの会社で倒産などがあって損をしても、残りの9社が問題なく運用できれば、損失をカバーできます。個別の銘柄のリスクを薄めることができるので、複数の銘柄に分散投資をすると低リスクに運用できます。 個人の投資家が、いくつもの銘柄を管理するのは面倒くさいかもしれません。そのような方は、分散投資を投資のプロに任せられる投資信託を活用しましょう。 低リスクな投資方法②タイミングを分散させる 投資の相場は日々変動するので、一番避けるべきは高値で大量に買ってしまうことです。できれば安く買いたいのですが、先が読めないのでいつが底値なのか分からないのが投資の難しさです。 そこで、タイミングを分散させて買うようにしましょう。100万円を投資したいなら、20万円ずつを5ヶ月に分けて投資していく、といった手法です。 このようにタイミングを分散させれば、運悪く高値づかみしてしまうリスクを下げられます。1回か2回は高値で買ってしまっても、残りは安く買えるでしょう。 低リスクな投資方法③長期投資 市場は短期間だと激しく変動しているように見えるのですが、1年以上の長いスパンで見ると、安定して右肩上がり・右肩下がり・ほぼ一定になっていることが多いです。したがって、短期の激しい値動きで利益を狙うより、長期の安定した値動きで利益を狙った方が着実です。 短期投資はハイリスク・ハイリターン、長期投資はローリスク・ローリターンという特徴があります。投資で損するリスクが怖い方は、長期投資から始めましょう。 まとめ 低リスクに投資する方法を3つ解説してきました。投資で損失が出るのが怖い方も、これらの方法を頭に入れて投資をすれば、大きな失敗は防げるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です