月別アーカイブ: 2019年10月

判定回数が多いので取引チャンスも多いバイナリーオプション

FXで取引していると、チャンスがなかなか訪れないことがあります。それだけに、リスクを得るチャンスも限定されてしまう事があるのです。バイナリーオプションは、その取引チャンスに関するメリットがあります。

通常のFXと取引のチャンス

FXで取引している方々は、しばしばトレンドに注目しています。大きなトレンドが発生している時などは、比較的お金を稼ぎやすいからです。レンジ相場ではなく、大きなトレンドが発生している時のみ取引すべきという声も多いです。
ただトレンド相場は、若干機会が限られてしまう傾向があります。そもそも外貨は、レンジ相場になってしまうケースもよくあります。特に昼間の時間帯などは、あまり取引の量が多くありません。午前中や22時頃などの時間帯と比べると、レンジが発生していないケースも多いです。それだけに通常のFXは、午前中や22時など限られた時間帯しか取引チャンスが無い事もあります。

バイナリーオプションの判定回数

ところでバイナリーオプションという商品の場合は、比較的頻繁に取引する事はできます。バイナリーオプションの場合は、1日に10回ぐらいは取引できる金融会社が多いです。
というのもバイナリーオプションの場合は、取引の判定時間が決まっています。チケットの売り出しを始めた時間帯から起算して、2時間や3時間後には一旦判定を下す形になります。2時間に1回ぐらいは判定される訳ですから、1日10回や11回ぐらいは取引することができます。
ちなみにバイナリーオプションの判定回数は、金融会社によって異なります。1日に最大11回だけ取引できる金融会社もあれば、最大8回になる会社もある訳です。判定回数が多いかどうかを基準に、金融会社を選んでいる方も多いです。

多くの回数で取引できるバイナリーオプション

それだけにバイナリーオプションの場合は、ある意味1日に11回ぐらいは取引チャンスがあるともいえる訳です。金融取引している方からすると、取引チャンスは多いに越した事は無いでしょう。比較的チャンスが多いだけに、通常のFXよりはバイナリーオプションの方が取引しやすいという声も根強いです。
ただ、むやみに取引するのも問題があります。あまり頻繁に取引してしまいますと、かえって利益額が限定される事もあるからです。
基本的にバイナリーオプションは、「確実に利益を稼げる自信がある」時のみ取引する方が良いと言われています。あまり回数を多くしない無いよう、注意が必要です。